○●。○。みんなのいるところ②。○。●○

2021年3月29日

 

○ ● ○ 1年間を振り返る② ○ ● ○

 

さすがに1回では終わりませんでした。

 

秋には英検や漢検など、検定試験にも取り組みました。

合格するだけが目標ではなく、高得点を取得できるよう、1か月気を抜かずによく頑張りましたね。

 

国語の授業では、「100点宣言」なるものが1,2年生の間で広まりました。

「100点宣言」とは、小テストの合格点を自ら満点に設定し、満点をとれなかったら補習を受ける、という自らにプレッシャーをかける宣言です。

 

宿題と補習がこの世でいちばん嫌いなはずなのに、なぜかみんな嬉しそうに100点宣言をするから不思議です。

採点する先生も、なんかすごい楽しそう。

1問ミスして補習になってしまった人も、自分で課した課題なので文句も言えず、黙って補習に参加していましたね。笑

来年も、自分を追い込んでいきましょう!

 

3学年が力を合わせたウィンターカップもとても楽しかったですね。

今年も数年前に始めたKin-Ballで盛り上がりました。(毎年言っていますが、このスポーツ本当に最高なんです。)

先輩のプレーを見て、どうすれば上手にできるのか、考えながら試合に出た1年生も多かったのではないでしょうか。

終わった後、素直に優勝チームに拍手を送れなかった人もいたかもしれません。

悔しいのは頑張った証拠です。懸命に取り組めたのなら、それは素晴らしいことです。

来年はお互いの頑張りを称えることができればもっと素敵ですね!

 

3月、3年生の卒業が近づいてきました。

この学校で過ごした3年間を、どうか幸せな気持ちで卒業してもらいたい、と1,2年生で卒業式に向けて準備を始めました。

贈る動画を全員で撮ったり、

勇気や元気を与えるパワーフレーズを階段に貼ったり、

折り紙やカラーフィルムで作った桜できれいに飾りつけしたり、

卒業式で胸につけるコサージュを手作りしたり、

 

お世話になった先輩のために、どれも気持ちを込めて準備しました!

 

 

今年はコロナの影響で、たくさんの行事がなくなり、息の詰まるような時期をみんなで乗り越えてきました。

難しいかと思われた卒業式、無事に挙行することができました。

3年生のみんなは、最後に凛とした背中を見せてくれました。

まだ小さかった3年前の入学式を思い出すと、逞しく成長した彼らの大きい背中に、言葉にならない感動がありました。

 

3年生のみんなは、この素晴らしい日に、どんな気持ちで卒業証書を手にしたのでしょうか。

 

体育祭も早摂祭も、遊びの時間も、何でも全力で取り組む学年でした。

何よりも、勉強にとことん向き合っていましたね。

思うようにいかなくても、とにかく逃げずに努力を続けてきました。

その頑張りは、いつか新しい経験の原動力になるはずですよ。

本当によく頑張った3年間でした。

みんなのこれからを、応援しています!

 

1,2年生も、先輩の晴れ姿をしっかり見届けました。

遠い先のことのように思えたかもしれませんが、卒業の日はあっという間に訪れます。

なりたい姿を今から想像して、そこに近づくための努力を惜しまないでください。

少しでも自分に自信を持って卒業してほしいですね!