校訓・校章・校歌

校訓

校訓:自律・責任・質実校訓:自律・責任・質実

社会の一員として、自らを律することができる人間であること。
自らの考えにもとづいた責任ある行動がとれる人間であること。
何事においても飾ることなく誠実に対応し、情操豊かで、品格と教養のある人間であること。
それとともに早稲田摂陵中学校・高等学校は、生徒一人ひとりが個性と才能を発揮し、
充実した知力と体力を備えた人間になって欲しい と願っております。

校章

校章

早稲田摂陵中学校・高等学校は北摂連山のふもと、松林に囲まれた小高い地に位置しています。
太陽と緑の自然に恵まれた人間育成の理想の地といえます。
校章のデザインは「高校」の「高」の字を象形的にとらえて単純化したものです。
円を「太陽」に、山形を「山あるいは丘」と「緑」にみたて、また四角と山形で「人」を表しています。
そして、円と力強い直線の結びつきで「和と剛健の調和」の意味を、
上向きの山形には「人格の向上」と「学園の未来への無限の発展」の願いを込めています。

校歌

 「早稲田摂陵中学校校歌」
 作詞:靍田 勇二 作曲:安江 宏

  1. 見晴るかす 生駒の高嶺
    津の国の 丘陵をそびらに
    陽をうけて 集いし我等
    学びの庭は たゆみなく
    ああ 早稲田 摂陵
    明日に伸びよ
  2. 滔々と 大淀の流れ
    津の国の 丘陵をそびらに
    眉あげて 挙れり我等
    教えの庭は ゆるぎなく
    ああ 早稲田 摂陵
    明日に翔けよ
校歌を聴く

 「早稲田摂陵高等学校校歌」
 作詞:藤本 浩一 作曲:高藤 半

  1. 秀麗の丘に 健児あり
    健児の胸に 誓いあり
    純正の心 親和の力
    あつめて ここに
    光あり 光あり 光あり
    早稲田摂陵 早稲田摂陵
  2. 学業の道は 輝けり
    輝く道を ひたすすむ
    自学と自治の 理想の旗が
    はためく 母校
    誇りあり 誇りあり 誇りあり
    早稲田摂陵 早稲田摂陵
校歌を聴く